私たちについて

Scud

雲翔、スカッド

SCUD (雲翔、スカッド)は監督であり、脚本家であり、プロデューサーでもある。文化大革命のまっただ中、中国本土で生まれ育った。作家であったシンガポールの叔父に名付けられ、祖母に育てられた。SCUDに影響を与えた一番大切な2人は共に90年代に亡くなった。
13歳の時、香港に移り住んだ。その後20年間はIT業界で仕事に没頭し、大企業で働いた後には香港証券取引場に会社を上場させ、その後に学問に戻り、博士号を取得。後にオーストラリアに移住し、そこで気付いたのが、「自分はいつも人の夢ばかり叶えて生きて来た。これからは自分の為に、自分の夢を果たし生きて行きたい」。それがきっかけで2005年に香港に戻り、独立系映画会社「Artwalker Limited、<アートウォーカー>」を設立。

作品

  • City Without Baseball (2008)

    処女作となったCity Without Baseball (2008)は Lawrence Lau (劉國昌)と共同監督を勤めた。物語は誰も知らない香港の野球チームの話しで、香港には野球の文化すらなかった。映画の登場人物は本物の選手たちで、全て実話に基づいてる。 スポーツをテーマにしてる作品にしては劇中のヌードシーンが多く、香港では物議を醸し出した。宣伝ようの看板でさえ、クレームにより取り外されてしまった。しかし映画は評論家からは絶賛され、表彰を受けた。
    2作目以降はSCUD監督だけで作品を手がけた。

    • Film Critics China – Top 10 Chinese Movie of the Year 2008
    • HK Film Critics Society – Recommended Movie of the Year 2008

     

  • Permanent Residence (2009)

    Permanent Residence (2009) はイスラエル、日本、オーストラリア、タイ、中国本土、と香港で撮影された。“Trilogy of Finitude”(有限性3部作)の第1弾になったこの作品は生きる事の限度を探すテーマだ。あるゲイ男性が来生について考えながらあるストレートな男性と恋に落ちる。この作品は台湾では瞬時にヒットになった。キャストに抜擢されたOsman Hungは有名アイドル・グループ のボーカルであり、この作品への参加は衝撃的だった。そして俳優 Sean Liはこの作品で中国で新人賞を受賞した。

    • 10th Chinese Film Media Awards – Best New Actor
    • 33rd Hong Kong International Film Festival – Official Selection
    • 20th Hong Kong Gay and Lesbian Film Festival – Official Selection (Director’s Cut)
    • 10th Taipei Film Festival – Special Reserved Screening (Director’s Cut)
    • 25th Torino GLBT Film Festival – Official Selection
  • Amphetamine (2010)

    Amphetamine (2010) は3部作の第2弾で、情熱の限度を試す作品。Berlin International Film Festivalで選定され、 Teddy Award at the Berlinaleにノミネートされた.。更に、第34回Hong Kong International Film Festival, では俳優のByron Pang最優秀主演賞にノミネートされた。またもや作品は批判を浴びた。そして香港のTelevision and Entertainment Licensing Authority から作品の5箇所のカットを命じられた。SCUD監督は猛烈に協議し、代表に直接手紙を出し、最終的にはこの5カットの処理としてはスクリーンは真っ黒で、シーンの音楽と台詞だけが流れた。

    • 60th Berlinale Panorama – Official Selection
    • 24th Teddy Award – Runner Up
    • 34th Hong Kong International Film Festival – Closing Film
    • 25th Torino GLBT Film Festival – Competition
    • 46th Chicago International Film Festival – Official Selection
    • 12th Rio International Film Festival – Official Selection
    • 30th Hawaii International Film Festival – Official Selection
    • 30th Hong Kong Film Awards – Best New Actor Nomination
  • Love Actually…Sucks! (2011)

    Love Actually…Sucks! (2011) は4作目で、インスピレーションとしては実話の中から恋愛が狂って悪くなったシチュエーションを描いている。ハリウッド映画の「ラブ・アクチュアリー」へのオマージュになった作品だ。6つのラブストーリーで構成されているが、その愛の内容は情熱的な愛情のダークな部分で、性と暴力と死が描かれている。露骨なセックスシーンガ多いため、香港と台湾での上映には映画の完成後に1年もかかり、11シーンに修正が加えられる始末だった。しかし、欧米ではフィラデルフィアを皮切りにアメリカ各地とヨーロッパで、オリジナルノーカット版が上映された。

    • 47th Chicago International Film Festival – Official Selection
    • Philadelphia Q-Fest 2011 – Official Selection

     

  • ボヤージュ (2013)

    ボヤージュ (2013)を“Trilogy of Finitude”の最後の作品として手がけた。テーマは鬱、自殺、早すぎる死、来世等だ。自分の経験と知人の話しを元に書かれた作品だ。Voyageはモンゴル内陸部、マレーシア、オーストラリ、ドイツ、オランダ、と香港で撮影された。第49回 Chicago International Film Festivalではオープニング作品として選ばれ、第1回目の Q-Hugo賞を受賞した。LGBT社会への貢献とエッジのきいた大胆な映画作りが高く評価された。

    • 49th Chicago International Film Festival – Official Selection
    • 1st Q Hugo Award
    • 37th São Paulo International Film Festival – Official Selection
    • Kyoto International Film and Art Festival 2015 – Special Invitation
  • ユートピア (2015)

    ユートピアは6作目になる。現代社会における古典的価値観をテーマにした作品だ。「推そらくこの作品が“Trilogy of Finitude”の続編になるだろう」とSCUD監督は感じている。現状では最終の編集作業に入っている。

    • 2nd New Director Film Festival – Official Selection & Best Foreign Film Director
    • 27th Palm Springs International Film Festival – Official Selection
    • 13th Outfest Fusion LGBT People of Color Film Festival – Official Selection
    • 31st Torino Gay & Lesbian Film Festival – Official Selection
    • 27th Hong Kong Lesbian & Gay Film Festival – Official Selection
    • 52nd Chicago International Film Festival – Official Selection
    • 6th Fringe! Queer Film& Arts fest – Official Selection

     

アートウォーカーについて